笠井アナ癌ステージ。 笠井信輔に悪性リンパ腫報道 旅番組で「本当に具合悪そうだった」

笠井信輔アナのがんの病気は治る?ステージや悪性リンパ腫の治療方法や今後|MedianCafe

笠井アナ癌ステージ

本日の「めざましテレビ」(フジテレビ系)で、笠井アナと親交の深い軽部真一アナは 「少し前に、直接連絡があった。 明るい男なので、受け止めていると思う」「彼の復帰を待ちたいと思う。 みなさんも、待っていて欲しいと思います」と笠井アナを思いやったそうです。 笠井アナは1987年にフジテレビに入社。 1998年から「おはよう!ナイスデイ」を担当。 1999年からは小倉智昭キャスターと共に20年もの間「とくダネ!」を支えてきたのですが、 「映画や書く仕事もしてみたい」と今年9月末に退社し、フリーアナウンサーとして活躍されていました。 — 2017年 4月月10日午後11時19分PDT 管理職としてではなく現場の仕事を望んでいたこともフリーになった大きな原因のようですね。 今日の(月~金曜午前8時)では、小倉さんが「明日笠井くんが来て、詳しく自分の口で説明します」と説明。 「彼は仕事男。 仕事のことばっかり気にしているので、今はしっかり治療に専念しろよ、と言っています」と話し、 「勉強家な彼が、なぜ1万人に一人がかかるような悪性リンパ腫になってしまったのか。 残念でならない」と複雑な心境も語ったそうです。 また、17日は競泳の池江璃花子選手の退院されたというニュースがありましたが、このことについて、 「池江さんの退院の記事が出ていたでしょう?その記事を読んで(笠井は)すごく励まされたと。 同じ血液のがんですもんね、白血病も。 そういう意味ではとにかく頑張りますと」と、池江選手の復活が励みになっているとも語ったそうです。 追記: スポンサーリンク 笠井信輔アナの病状は? 治療や復帰については?ブログも開設 笠井アナは、7日放送の「鉄道沿線ひたすら歩き旅 第6弾」(テレビ東京)に出演されていました。 きっとしんどくて痛くて必死だったのですね…。 — 2019年12月月6日午後5時36分PST 視聴者からのコメントです。 「途中笠井さんが疲れ果てペースが遅れた時、土屋と福澤は冷たく置き去りにし行ってしまった。 追いついた際に、笠井さんが、明るく声をかけても2人は無視し更にそこに居た子供達にも、笠井の事は気にしなくていいからという態度。 すっごく冷たい態度の2人でした。 今思えば笠井アナは、悪性リンパ腫で過酷な旅をしていた訳で胸が痛む。 そして福澤と土屋アンナの素の部分を垣間見た気がした」 「この前、笠井福澤土屋で、線路沿いひたすら歩く番組してた。 その時から、おかしかった。 福澤土屋が、先行して歩くなか、笠井は、これがフリーの洗礼かといいつつ、すごくえらそうで。。 追い掛けるのに必死だった。 早く治してね。 」 スポンサーリンク 笠井アナはフジテレビ退社後、頻尿に悩まされていたそうです。 腰痛も併発していたそうですが、フジから重い荷物を運んだ際に腰を痛めたと思っていたんだとか。 体重が3キロ落ちたことも多忙からだと思っていたようですが、その後も体調不良が続いたために病院で検査を受けたところ、腰と肩に悪性リンパ腫が見つかったということです。 それはそうですよね。 悔しかったと思います。 担当医は、「原因は不明で、この病気は交通事故に遭ったようなものなんです。 」「ただ、あなたの場合奇跡的に早く見つかった」と励ましたということです。 この言葉だけを聞くと、早期発見できたことは安心材料になるのかなと思いました。 入院後は約4カ月の抗がん剤治療を受け、その後2ヶ月自宅療養する予定ということ。 すでに気持ちを切り替えているようで、来年の6月の仕事復帰を目指し20本ほどの仕事をキャンセルしたといいます。 また、がん患者やその家族の力にりたいと、ブログ「人生プラマイゼロがちょうどいい」を立ち上げて闘病生活について綴る予定のようです。 追記:ブログが開設されました。 報道のように気持ちを切り替えて前向きになっているのかもしれませんが、話したくないかもしれないですし、フリーになったばかりで先のことを考えると不安でいっぱいかもしれません。 「こんなとき有名人は大変だと思う。 体調が悪い時あまり人に知られずひっそり治療したいし、そっとしておいて欲しいのに。 ただでさえ具合が悪いのに周りにさんざん気を遣ったり説明しなきゃならんのは苦痛だろうな、と・・・・あくまで一般人の考えですが。 早く良くなりますように。 」 笠井アナと同じように治療で頑張っている方からの励ましの声も多数ありました。 報道では、早期発見とのこと。 また、笠井アナが慕っている小倉さんも闘病を経験されているので心強いのではないでしょうか。 「従姉妹がある日、首にポコッとしたでき物を見つけ一週間位でまた別の所に…。 笠井さんと同じ病気でした。 辛く長い闘病が続きましたが今、5年目位でだいぶ安心できる状態が続いてます。 抗がん剤治療だったが、なんとか現在は普通に生活出来ている。 残念ながらこの病は完治は無いが癌を弱まらせて小さくして行くことはできる。 笠井アナも治療を頑張って復活して欲しい。 」 バリバリ働きたい時だと思うので辛いと思いますが、応援してくれる方、視聴者もたくさんいるので今はとにかく治療に専念していただきたいです。 「フリーになって、頑張ろうとしていた矢先に病気が見つかって、辛く悔しい思いだと思います。 治療も大変だと思いますが、癌と闘う気持ちを強く持って、来年6月の復帰を目指して頑張って下さい。 笠井さんの笑顔をテレビで見れるのを楽しみにしています。 私も卵巣癌ステージ3Aで、抗がん剤治療をしています。 副作用が辛いですが6回の抗がん剤治療を頑張って、元気になることを目標にしています。 笠井さん頑張れ」 「悪性リンパ腫ってタイプが様々なんですよね。 進行が遅いものや早いもの。 毎年多くの方がなっているようです。 ガンの中では治療しやすいので、同じ症状の方等のお話を聞いて前向きに治療してください。 」 「早くに見つかって良かったと思います。 抗がん剤治療もここ最近進歩しています。 辛い治療になると思いますが、どうか前を向いて寛解を信じて戦ってください。 そして、テレビで元気な姿を見せてください。 待ってます。

次の

笠井信輔(元フジアナ)悪性リンパ腫の現在!ステージや病状や症状は?仕事は全てキャンセルで治療に専念

笠井アナ癌ステージ

元フジテレビのアナウンサーでフリーの笠井信輔アナが悪性のリンパ種を告白 元フジテレビのアナウンサーでフリーアナウンサーの笠井信輔アナ(56)が「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」という悪性のリンパ腫を患っていることを所属事務所を通じて公表されましたね。 19日に「とくダネ!」に出演して病状を語りました。 笠井信輔アナは2019年9月30日付けでフジテレビを退社しフリーになったばかり。 これからフリーになって局アナ時代ではできなかった仕事などへの意欲もあったでしょうし。 テレビ関係者の情報では、現在のところ半年ほど休養するということらしい。 しかしながら、悪性リンパ種とのことで、現在はかなりヤバい状況みたいです。 フリーになってこれからというところで、大病を患った笠井信輔アナ。 大病を乗り越えまた元気な姿をテレビで見せていただきたい。 笠井信輔の悪性リンパ種はステージ4? 笠井信輔アナは現在の容体はかなり思わしくないようで、医師から 「全身に癌が散らばっている状況」と告げられたそうです。 笠井信輔アナが患ってる 「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」という悪性のリンパ種にはステージが4段階あります。 笠井信輔アナは「全身にがんが散らばっている状況」と医師から告げらたらそうだから ステージ4ということになります。 笠井信輔の生存率は? ステージ4というと末期癌?って思ってしまいますが、笠井信輔アナは医師から 生存率は7割と宣告されたそうです。 笠井信輔アナは3割の可能性をかけて今後治療に励む事になります。 今後の治療には強い抗癌剤治療を半年間受けるとのこと。 強い抗癌剤治療なので、それに伴い強い副作用があるので、なんとか治療を乗り越えて復帰していただきたいですね。 現在、癌が全身に転移してる状態で身体のあちこちに痛みがある中、「とくダネ!」に出演していたことを思うと、病気の治療にかける思いが伝わってきますよね。 病気から回復すれば、同じ病に苦しむ人達に大きなメッセージになると思いますし、力強い存在になるでしょう。 笠井信輔の余命は? 「余命」と書くと不謹慎かもしれませんが、悪性リンパ種でステージ4の余命を調べてみました。 「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」と診断された患者が診断後の2年の間に癌の転移が見られなかった場合、余命は診断前と変わらないという研究結果があるそうです。 2年間、癌が転移せずに無病でいることができたなら、リンパ腫の死亡率よりも他の病気が要因での死亡率のほうが高くなるとのこと。 悪性のリンパ種でステージ4と聞くとどうしても、余命数ヶ月か?とイメージしてしまうのですが、今は癌治療も発達しているので「即余命何ヶ月」とはならないようですね。 しかしながら笠井信輔アナが医師から生存率が7割と宣告されていることから、今後の治療の成り行きを見守るしかないようです。 3割の生存率にかけて、治療後お2年間をなんとか無病で乗り越えてもらって、回復して同じ病に苦しむ方々に勇気を与えてあげてほしいですね。 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫とは? びまん性大細胞型B細胞リンパ腫についてわかりやすく説明されてるサイトがありましたので、リンクを張っておきます。 「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」はもっとも多くに見られる悪性のリンパ腫とのこと。 日本人の死亡率No. 1が癌であることから他人事ではないように思います。 自分がならないとは言い切れないので、日頃の生活習慣や食生活から予防に務めておきたいものですね。

次の

悪性リンパ腫の笠井信輔アナ とくダネ!生出演→無理しなくても大丈夫

笠井アナ癌ステージ

元フジテレビのアナウンサーでフリーの笠井信輔アナが悪性のリンパ種を告白 元フジテレビのアナウンサーでフリーアナウンサーの笠井信輔アナ(56)が「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」という悪性のリンパ腫を患っていることを所属事務所を通じて公表されましたね。 19日に「とくダネ!」に出演して病状を語りました。 笠井信輔アナは2019年9月30日付けでフジテレビを退社しフリーになったばかり。 これからフリーになって局アナ時代ではできなかった仕事などへの意欲もあったでしょうし。 テレビ関係者の情報では、現在のところ半年ほど休養するということらしい。 しかしながら、悪性リンパ種とのことで、現在はかなりヤバい状況みたいです。 フリーになってこれからというところで、大病を患った笠井信輔アナ。 大病を乗り越えまた元気な姿をテレビで見せていただきたい。 笠井信輔の悪性リンパ種はステージ4? 笠井信輔アナは現在の容体はかなり思わしくないようで、医師から 「全身に癌が散らばっている状況」と告げられたそうです。 笠井信輔アナが患ってる 「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」という悪性のリンパ種にはステージが4段階あります。 笠井信輔アナは「全身にがんが散らばっている状況」と医師から告げらたらそうだから ステージ4ということになります。 笠井信輔の生存率は? ステージ4というと末期癌?って思ってしまいますが、笠井信輔アナは医師から 生存率は7割と宣告されたそうです。 笠井信輔アナは3割の可能性をかけて今後治療に励む事になります。 今後の治療には強い抗癌剤治療を半年間受けるとのこと。 強い抗癌剤治療なので、それに伴い強い副作用があるので、なんとか治療を乗り越えて復帰していただきたいですね。 現在、癌が全身に転移してる状態で身体のあちこちに痛みがある中、「とくダネ!」に出演していたことを思うと、病気の治療にかける思いが伝わってきますよね。 病気から回復すれば、同じ病に苦しむ人達に大きなメッセージになると思いますし、力強い存在になるでしょう。 笠井信輔の余命は? 「余命」と書くと不謹慎かもしれませんが、悪性リンパ種でステージ4の余命を調べてみました。 「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」と診断された患者が診断後の2年の間に癌の転移が見られなかった場合、余命は診断前と変わらないという研究結果があるそうです。 2年間、癌が転移せずに無病でいることができたなら、リンパ腫の死亡率よりも他の病気が要因での死亡率のほうが高くなるとのこと。 悪性のリンパ種でステージ4と聞くとどうしても、余命数ヶ月か?とイメージしてしまうのですが、今は癌治療も発達しているので「即余命何ヶ月」とはならないようですね。 しかしながら笠井信輔アナが医師から生存率が7割と宣告されていることから、今後の治療の成り行きを見守るしかないようです。 3割の生存率にかけて、治療後お2年間をなんとか無病で乗り越えてもらって、回復して同じ病に苦しむ方々に勇気を与えてあげてほしいですね。 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫とは? びまん性大細胞型B細胞リンパ腫についてわかりやすく説明されてるサイトがありましたので、リンクを張っておきます。 「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」はもっとも多くに見られる悪性のリンパ腫とのこと。 日本人の死亡率No. 1が癌であることから他人事ではないように思います。 自分がならないとは言い切れないので、日頃の生活習慣や食生活から予防に務めておきたいものですね。

次の