晴れパエース。 【ポケモン剣盾】リーフィアの育成論と対策【晴れパエース】

ナッシー

晴れパエース

【ポケモン剣盾】リーフィアの育成論と対策【晴れパエース】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はリーフィアの育成論と対策を考えていきたいと思います。 ブイズは特殊アタッカーのイメージが強いですが、リーフィアとブースターは数少ない物理アタッカー系ブイズです。 今回は晴れパのエースとしても有名なリーフィアの強さを探っていきましょう。 リーフィアの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【リーフィアの特徴1】物理方面に強いステータス リーフィアは攻撃種族値110、防御種族値130と、物理方面については非常に強いステータスをしています。 一方で特殊方面については特攻種族値60,特防種族値65と非常に低いステータスになっています。 HP種族値は65とあまり高くないため、特殊耐久は低いと考えて扱ったほうがいいでしょう。 【リーフィアの特徴2】そこそこ速い素早さ種族値&夢特性:ようりょくそによる圧倒的素早さ リーフィアは素早さ種族値95と、タチフサグマ、ヒヒダルマなどと同じくミミッキュより「1」だけ低い数値になっています。 とはいえトップレベルの使用率を誇るミミッキュが抜けないとしても、物理方面に強いリーフィアにはvsミミッキュに限って言えばそこまで致命的ではありません。 しかし、リーフィアより速くかつ弱点のなかでも特に炎・飛行・氷については強力なアタッカーがいるので、上から殴れるほうが嬉しいです。 リーフィアは夢特性ようりょくそというフシギバナと同じ特性を持っています。 これは晴れのときに素早さが2倍になるという特性なので、晴れにすることができればほぼ上から殴れます。 リーフィア自体はにほんばれ以外に自前で晴れにする技は覚えないので、コータスやキュウコンといった特性で晴れにできるポケモンと組んだり、他のポケモンでダイバーンをうったあとにリーフィアを出すような動きが必要になるでしょう。 なお、通常特性のリーフガードは晴れのときに状態異常を防ぐというものなので、いずれにせよ以下にして晴れにするかが重要です。 参考 「」 「」 「」 「」 【リーフィアの特徴3】物理版ソーラビーム=ソーラーブレード ランクバトルでそこまで見かけるポケモンでもないので見たことがないトレーナーも多いかもしれませんが、実は物理技にもソーラービームのように晴れのときに1ターンの溜めが不要で威力125の高火力をうてるソーラーブレードという技があります。 物理攻撃種族値がそこそこ高く、晴れのときに特性が発動するリーフィアと相性がいいので、天候をうまくコントロールできるかどうかがリーフィアをアタッカーとして使う上での1つのキーとなるでしょう。 リーフィアの育成論と戦い方 リーフィアは晴れパのエースとして育てられることが多いですが、素の物理防御もかなり高く他のブイズ同様対面操作技を覚えるので数は少ないもののこちらの型も見られます。 【リーフィアの育成論】晴れパエースリーフィア• 特性:(夢)ようりょくそ• 個体値:C抜け5V• もちもの:弱点保険• わざ:ソーラーブレード・こうごうせい・タネマシンガン・アイアンテール 特徴 普通の晴れパエース型リーフィアです。 基本的には前段に特性日照り持ちをおくなど起点作成後に出します。 できればダイマックスを切りますが、晴れのときであればダイマックスせずとも高火力のソーラーブレードとこうごうせいで戦うことができます。 また、ミミッキュやみがわり持ち、きあいのタスキ持ちにもタネマシンガンで削っていくことができます。 そのため、性格補正をかけてぶっぱをします。 S188ラインまで落とすと、準速ロトム系やリーフィアに飛行打点(弱点を突きつつS逆転が可能な技)がない最速74族を抜けるため、ここを調整ラインにしています。 それを嫌う場合はリーフブレードや、そもそも別の技(技範囲を広げるあなをほるなど)を採用するのもありでしょう。 それ以外のときはじこさいせいと同じく半分回復ですが、耐久にあまり振っていないリーフィアなので晴れのとき以外に使ってもあまり意味はないでしょう。 ダイマックスのときのダイウォール枠でもありますが、あまり使わないようであれば対面操作ができるあくびの採用もありです。 パルシェンのスキルリンクつららばりのように5回必ずあたるわけではないので、できるだけソーラーブレードの方を選択する方がいいでしょう。 基本的には素の状態で戦う=晴れ下でソーラーブレードを打てる状態なのであまりこの技を素の状態でうつことはないでしょう。 技が違いますが弱点保険リーフィアを紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。 【リーフィアの育成論】対面操作型リーフィア• 特性:(夢)ようりょくそ• 個体値:C抜け5V• もちもの:たべのこし• わざ:つるぎのまい・あくび・バトンタッチ・リーフブレード 特徴 ブイズ恒例対面操作型です。 タイプ不一致弱点(ドラパルトのだいもんじなど)なら耐えます。 とはいえ命の珠トゲキッスのようにタイプ一致弱点を突いてくる相手にはここまで振っても一撃でやられるほど弱いので気をつけましょう。 防御無振りでもミミッキュの命の珠じゃれつくを確定3くらいの物理耐久があります。 HPはたべのこし調整をしています。 あくび・まもる・ねがいごとのブラッキーセットも一応できなくはないです。 大体は前段にコータスかキュウコンが出てきて起点作成を行い、後ろからリーフィアが出てきます。 コータスのあくびなどで晴れ+眠りにされてしまうと、リーフィアが剣の舞を持っていることもあってそのまま積んで超高速高火力から全抜きにうつられることもあるため注意しましょう。 コータスやキュウコンがいなくても、ダイバーンをうてるポケモンがダイマックスしてきたあとにリーフィアが出てきて、ちょい残ししたポケモンを超高速+ソーラーブレードの高火力で一掃してくる動きも考えられるため、こちらも出すだけで天候操作が可能なバンギラス・ペリッパー・カバルドン・アローラキュウコンなどを後ろに控えておくのもおすすめです。 とはいえリーフィア自体そこまで個体数の多いポケモンでもないので、相手のパーティの構成をみて柔軟に対応するのが王道の対策となります。 まとめ:【ポケモン剣盾】リーフィアの育成論と対策【晴れパエース】 いかがでしたでしょうか。 ブイズの中では珍しい物理アタッカー型のリーフィア、晴れパでその真価を発揮するのでコータス・キュウコン・リザードン・フシギバナなどと合わせて晴れパを組んでみるのも面白いかもしれませんね。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 構築については下記記事もおすすめです。 「」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

ナッシー

晴れパエース

ポケモン剣盾 Twitter 最新情報• レイドピックアップ• 大会・ランクバトル• DLC「鎧の孤島」 注目記事• 攻略お役立ち• 入手方法・効率集め• トレーナー• 注目のピックアップ記事• 対戦・育成 対戦お役立ち• パーティ構築• 育成全般• 育成お役立ち• ストーリー攻略 攻略チャート• ジム攻略• ストーリーお役立ち• どうぐの入手場所• 注目ポケモン• クリア後• ワイルドエリア攻略• マックスレイドバトル• 特別なポケモン• ゲームシステム キャラ• バトル• 各種機能• シリーズ通しての要素• 外部コンテンツ ポケモンホーム• お楽しみコンテンツ ポケモンクイズ• 製品情報• 掲示板• 7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド の晴れパについて紹介をしています。 晴れパのおすすめポケモンや構築、対策についても掲載していますので、ダブルやシングルで晴れパを使用したい方や対策を知りたい方は是非参考にしてください。 天候パーティ関連記事一覧 晴れパの構築と対策 目次• 晴れパの特徴 文字通り高火力のパーティ 晴れパの特徴として、自身のタイプ一致技の火力を高めつつ、弱点のみず技の威力を下げることができるほのおタイプのポケモンがエースとして暴れる点が挙げられます。 晴れ状態で高威力となるほのお技は例え半減しても受けることは難しく、 威力を押し付けることで相手に圧力をかけることが可能です。 トリッキーなくさタイプも活躍 他の天候パ同様に素早さアップの特性はありますが、これを持つのはくさタイプのポケモンなのでくさタイプも活躍することができます。 弱点のほのお技の威力アップは脅威ですが、上昇した素早さで上から補助技を被せるなどの トリッキーな立ち回りができるのが晴れパの特徴です。 デメリットが少なく、多くのポケモンが採用可能 晴れ状態では技の強化や能力の強化は豊富ですが、デメリットとなるものはみず技の威力半減と特性かんそうはだのポケモンくらいしかありません。 恩恵を受けないポケモンでもデメリットがあることは少ないので、 多くのポケモンを採用しやすいスタンダードな天候パと言えるでしょう。 この状態ではダブルバトルのダメージ補正が掛かったとしても受けられるポケモンが少なく、高速で相手の頭数を減らすことが可能です。 対策ポケモンに刺さるソーラー技 ほのおタイプに強いみずやいわタイプのポケモンに対しては溜めなしで使用できる「 ソーラービーム」や「 ソーラーブレード」が刺さります。 溜めがなくなることで使用しやすく、相性補完にも優れています。 能力が上がる特性が豊富 自傷こそしますが 特攻が1. 5倍になる「 サンパワー」や 素早さが2倍になる「 ようりょくそ」、味方を含めて 攻撃と特防が1. 5倍になる「 フラワーギフト」など能力上昇の特性が豊富です。 基本的にはこれらを軸としてエースを展開させていくことになります。 耐久型とも相性が良い 状態異常にならない「 リーフガード」や、「つきのひかり」など一部の回復技の回復量上昇によって耐久型として使用するポケモン自体にも恩恵が大きく、サポートをしやすくなることで有利に立ち回ります。 晴れパの弱点 他の天候パに不利を取りやすい 苦手タイプでもあるみずタイプが得意とする「雨パ」や、いわタイプが多い「砂パ」の採用ポケモンとはタイプ相性も悪く、 天候を奪われることで致命傷を負います。 ただ対策をしているだけでは太刀打ちできないことも多く天候アドバンテージを取り続ける必要があります。 不安なメインウエポン 高火力の技には命中不安の「 だいもんじ」や特攻2段階ダウンが痛い「 オーバーヒート」、HP依存かつ現環境では実質専用技の「 ふんか」などこれと言ったメインウエポンが少ないのが少々逆風です。 相手側のデメリットが少ない 砂パや霰パのようにスリップダメージがあるわけでもなく、止められないアタッカーが誕生しやすい環境ではないため相手側に大きなデメリットがありません。 むしろ、相手の技構成次第では逆に晴れ状態で強化される可能性があり圧力を掛けづらい点も弱点と言えるでしょう。 主要ポケモン 始動要員 現環境では特性ひでりを持つ、「 キュウコン」や「 コータス」が始動要員として採用されることが多いです。 また、ダイマックスによって自身を強化しつつ特性の発動が狙える「 リザードン」による始動も有効です。 ポケモン 考察 ・ さいみんじゅつによるサポートも可能 ・おきみやげによる高速退場が可能 ・高い素早さが始動要員には不向きな場合も ・素早さが低く、 対面で天候上書きをされにくい ・ 自身が高火力アタッカーなので天候を活かしやすい ・おさきにどうぞ型やトリル型などによるサポートで高速アタッカーにもなり得る エースアタッカー エースとして採用されるポケモンは多く、ほのおタイプでは特攻上昇の特性が強力な「 リザードン」や、トリル重火力アタッカーの「 コータス」が強力です。 くさタイプでは素早さの上がる特性を活かした「 ダーテング」や「 リーフィア」がエースとして採用されることが多いです。 また、高い種族値から器用な動きのできる「 ウインディ」も強力で、晴れに便乗して出てくるほのお技を吸う「もらいび」サポートもできるのが魅力です。 ポケモン 考察 ・ おさきにどうぞによるサポートでコータスなどのアタッカーを先手で動かす ・上昇する素早さを活かしてねむりごななどの妨害も可能 ドレディア ・もらいびでくさタイプの弱点を受ける役割 ・便乗型のポケモンの対策として 裏選出 晴れパのメインウエポンが通りにくいドラゴンタイプや対策で出てくる天候書き換えも可能なバンギラスに対して強いポケモンを用意しておくと安定があります。 他の天候パに強いこおりタイプのポケモンやバンギラスを始めとする砂パに強いかくとうタイプ、みずタイプを裏で採用しておきましょう。 ポケモン 考察 ・対策で出てくる ドラゴンタイプを狩る役割 ・砂パに対してもダメージを受けず、弱点を突ける数少ないポケモン ・雨パの始動やエースにフリーズドライが刺さる ・ 雨パ、霰パに対して便乗することも可能 ・晴れ状態ではみず技の威力ダウンに注意 ・砂パに強く スピード、火力共に優秀なアタッカー ・ソーラーブレード習得により晴れの恩恵を受けられる 晴れパの対策方法 ベストは天候上書き 天候パの宿命ではありますが、天候上書きによる弱体化が最も有効です。 当然ながら相手も対策はしていますがシンプルながらも強力な手段です。 また、ジジーロンの特性 ノーてんきによる天候無効やマタドガスの特性 かがくへんかガスで特性による始動や強化を妨害すると言った手段も有効です。 ポケモン 考察 ・夢特性ノーてんきで 天候そのものを無効化 ・特性かがくへんかガスで 特性ひでりの発動を妨害できる ・同様に 特性による強化を妨害可能 ドラゴンタイプの耐性が優秀 晴れパエースのポケモンはほのおやくさ技を主体とし、ドラゴンタイプのポケモンは双方のウエポンを受けやすいのが特徴です。 リザードンがドラゴン技を覚えていることがありますが、めざめるパワーがない今作では打点を持つポケモンが少ないので最小限の被害で対策が可能です。 あらかじめご了承ください。 ・公序良俗に反する投稿 ・スパムなど、記事内容と関係のない投稿 ・誰かになりすます行為 ・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿 ・一度削除された投稿を再び投稿すること ・外部サイトへの誘導や宣伝 ・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿 ・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿 ・その他、管理者が不適切と判断した投稿 コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。 ご了承ください。 また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。 メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前.

次の

【S7ダブル最終18&30位】 トリパ偽装晴れビート

晴れパエース

お久しぶりです。 晴れパ使いのはるかわです。 七世代までずっと晴れパを使っておりましたが、新作の剣盾が発売されたということで世代は変わり、環境が一新されたとともに晴れパにおいても大きな変化がありました。 今回はそんな中新要素をふんだんに盛り込んだ新世代の晴れパを作ってみましたので、今後の参考になれば幸いです。 行動回数に余裕があればステロあくびで起点を作ることも可能です。 この型だと天候ターンを持続させるアイテムあつい岩 は持てませんが、は生存しながら退場が出来るため晴れが一度切れた後再度場に出すだけでもう一度展開することができます。 自爆はその際に再び自主退場が出来るので役立ちます。 も も耐久に薄いであるため、相手の攻撃を先にの遅いSによって受けられる所がもう一体の始動要員 との差別化点になっております。 の調整は前世代から特防特化に近いものが主流ですが、Z技が廃止された八世代においては性格補正までかける必要は無いと思ってのんきHDとしました。 これによって主に入りへの初手の投げやすさが格段に上がったので合っていたと思います。 自爆を採用しているため両刀用のS下降補正の性格となっていますが、どちらにせよミラーや遅いの欠伸等の下から退場したいためSは下げた方が良いでしょう。 この個体はたまたまS0で色違いが出たので最遅ですが、ツボツボ に抜かれて上から補助技をアンコールされてしまうのでここまで下げる必要は無さそうです。 他のがめざパの廃止によって鋼で止まるようになってしまった中(強いて言えばウェザーボールが与えられた くらい)晴れの炎威力上昇と合わせて強力な炎打点が使え、また唯一 ダイバーン によって セルフ晴れができるの中で飛び抜けた汎用性を持っています。 こいつはAの方が高く物理面の技も充実していますが、熱風が特殊技であることと ダイアークの追加効果( 相手のDダウン)とのを考えて特殊一本にしました。 襷はックスとの相性は悪いかもしれませんが、やがックス前提の性能でこいつにックス切りたくないことも多いため、素の低い耐久を補い汎用性を持たせるために持たせています。 これによって無理やり積んだり、を選出せずとも単体で出すことも出来るようになっています。 全ての技の火力を上げたいためメジャーな鋭い嘴 等1. 2倍のタイプ強化アイテムは持てず、また命の珠 もが持っているのとそれ以上にタダでさえサンパワーでゴリゴリ削れて耐久も無いのに珠までは持たせられないと判断しました。 意外と僅かな火力強化が活きる場面は多く叩き台としての使用感は良かったですが、マイナーアイテムなことに変わりはないのでここは好みだと思います。 なども全然アリ。 まだまだ開拓の余地がありそうです。 ダイウォールが欲しいこともありましたが、他の技を全て半減してくるパッチラゴン に通ったりと竜波で勝ちを拾った試合も多く入れる補助技がありませんでした…。 入れるとしたら受けを破壊できる 奮い立てるか、天候ターンやサンパワーの反動ダメとかなりが悪いものの欠伸を透かせたり相手のックスを枯らせたりと汎用性を誇る 身代わりでしょう。 意地H92A36B156D84S140 調整はポケソル様のものをそのまま使わせて頂きました。 本構築のMVP。 ここまで晴れパの天敵の と、今作新たに が初手が何も出来ず怯まされたり、あくびをいれてもラムのみ +悪巧み+ダイジェットで無双されかねず、また天狗のメインウェポンも半減してくるため非常に重く感じ採用しました。 は晴れやこちらのドラパルトを止めに必ず出てくるのを逆手に取り、砂にタダ乗りして逆襲します。 は相手視点初手のに合わせたいはずので(ラムだったら尚更)こちらもドリュを初手に出し対面を作り、最初は向こうのが速いので下からダイロックが安定します。 他にも相手の初手へのダイロックをられたりと晴れパの天敵をキッチリ処理し、またそうでない相手にも弱保or+ダイロックが決まれば初手からの3タテを量産したため、これからの晴れパの補完として欠かせない程と感じました。 に挑発を入れ起点を作って来そうなオーロンゲ 入りに対しても初手に出し、通常よりドリルの方がメジャーなためドリュに挑発は撃てないと考えから入ってました。 (挑発されたらリフレクターも貼られてしまうので上手いですが) 調整に関してですが、型の性質上耐久にガッツリ振るのは当然なのですが割と余裕を持って耐えることも多く、逆にAはか弱保前提なところがありどちらも積めないと火力が不足気味で、また積んでもアーマーガア 等をゴリ押したい機会も多かったため、この構築においては耐久をギリギリまで削ってもっとAを伸ばしたいと感じました。 よっては必須で、ドリルを入れる余地は全く無いと思います。 陽気AS252H4 テンプレ。 の後ろに置いたりするのが雑に強いです。 他のと比べてこいつだけ対応範囲が段違いなので、選出によって他のメンバーが対応できないに上手く当てるのがコツです。 特にメタがキツくない限り選出すれば活躍する入れ得であると感じました。 と合わせてトップメタの並びを作り構築のパワーや汎用性が増すと思っていましたが、こいつ自体は拘っている故にと違って対応範囲が限定的なので、積極的に出していく感じではなく見極めて選出した方がいいです。 また文字を耐える も存在したり、構築全体で重い受け寄りの、特に や に手も足も出ないため改良するならまずはこの枠だと思います。 動かし方・注意点 基本選出は ですが、必ずしも天候エースを2体とも出す必要は無く、刺さりの良い方一体と や、相手にやダイロックを撃って来そうながいたら を出すのが良いでしょう。 は裏選出の際に出すことが多いです。 晴れからのエースが無理そうなときは裏選出をしますが、今作から エースが自分でも天候を変えられるようになったため や といったエースのピン選出も全然ありえ、またはエースがいなくともの単体性能が高いため のような選出も普通にするので、ありとあらゆる選出ができ決まった選出パターンはありません。 動かし方は選出段階で相手の構築をしっかり見て誰が通せるか、あのに止められた後はどうするかなど事前に先の展開をある程度プランニングすることが大事です。 注意点としては不意のダイロックやダイストリームなどで天候を変えられると非常に不利になりがちなので、誰が撃つ可能性があるかしっかり把握し天候を取られないようにする、または上手く天候を制し続けるのが難しそうな時は裏選出をするなど見極めることが重要です。 八世代ではこの簡単に天候を変えられるようになったことが非常に痛く、もう今までのような長時間天候を維持し抜いていく天候パの基本の立ち回りが出来ず晴れパも厳しい…と思っていたのですが、上記のやのようなこちらも自在に天候を操れるようになったことで天候史上最大に柔軟な選出や立ち回りが出来るようになったメリットが想像以上に大きく、天候パは剣盾で生まれ変わりこれからもまだまだ全然戦えると感じました。 この記事をきっかけに晴れパの使い手が増え、晴れ界隈の発展に寄与出来たらなと思います。 hutarimenoharukawa.

次の